読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

white-plum

猫とかカメラとか猫とか

避妊手術 肝機能に不安がある猫の場合

スポンサーリンク

 

おかえり!梅さん。

f:id:white-plum:20150423202239j:plain

ただいま。何か寝てる間に色々されたんだけど。とりあえず疲れたわ。

 

おお。なんと痛々しいお姿 (>_<)

でも、ピンクの服(注:ただのガーゼ)かわいいっす。似合ってるね。

 

実施しました。避妊手術。

 

術前検査にて肝臓機能を評価する ALT/GPT の数値が基準値以上だったので、再検査にて値を確認し、手術の実施を決めることとしていましたー。

 

まずは検査結果から。

血液生化学検査(二回目)

f:id:white-plum:20150427011243p:plain

NG (/ _ ; )

やっぱり前回の結果は間違いじゃなかったのね。。。

 

検査結果はダメだったのですが、リスクは承知の上で避妊手術を実施しました。

 

実施に踏み切った理由

  • 数値的に基準値からの乖離は少ない
  • 早期改善は見込めなさそう

上記二点です。

身体的に異常がみられる場合は ALT/GPT は1000以上の数値になることもあるそうで、現状の数値と、発情による弊害を考えた結果、手術を実施することにしました。

肝機能に関しては今後継続的に経過を観察し、必要に応じてケアをしていく予定です。

 

  • 自宅に帰ってこれて落ち着いた白梅 その1

f:id:white-plum:20150427012401j:plain

あー。マジで痛いかも。この体勢楽だわ〜。

妻「ピンクの肉球とピンクの服でコーディネートばっちりだね☆」

 

その体勢女子としてどうなんすか!?

 

  • 自宅に帰ってこれて落ち着いた白梅 その2

f:id:white-plum:20150427012420j:plain

ねえ、この襟巻き ものすごい邪魔。取っていい?

妻「久しぶりに飼い主の顔見て甘えてきてる!かわいい奴め!」

 

それ取っちゃダメな奴だから。

 

術後は糸が気になって自分で抜糸しちゃう猫もいるらしいですが、それだけは勘弁して下さい。

一週間は高い所から飛び降りたり、激しく動き回ることがない様にみてあげる予定です。

 

たった二日間の入院でしたが、家に帰って白梅がいない寂しさは想像以上。

この事実が今回一番驚きました。

たった3ヶ月ですっかり家族の一員となっている梅でした。

 

医療メモ(避妊手術にて実施した内容)

手術(麻酔含む)

静脈カテーテル留置処置

点滴内容 

  • 抗生物質
  • 消炎鎮痛剤
  • 徐脈治療剤
  • 強肝剤×2(手術日と翌日)

処方薬

 

 

関連記事

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

スポンサーリンク