読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

white-plum

猫とかカメラとか猫とか

ストラップ Peak Design "Slide Summit Edition Tallac" ①

スポンサーリンク

 

思い入れのあるカメラを買うとアクセサリーも色々と悩むものです。

本日はカメラストラップ。

f:id:white-plum:20170419012626j:plain

2017/04/19 現在 Peak Design の "Slide Summit Edition Tallac" を使用してます。

ちょっとした不満はありますが、多分これからも使い続けるでしょう。

Patr.1 となる今回はこれまでのストラップ変遷と選定理由の紹介となります。

 

 

1. 純正ストラップ

D90 / D750 共に純正のストラップが付属してます。

f:id:white-plum:20170419004056p:plainf:id:white-plum:20170419004106p:plain

左:D90純正(AN-DC1) AN-DC1 - 概要 | アクセサリー | ニコンイメージング

右:D750純正(AN-DC14)AN-DC14 - 概要 | アクセサリー | ニコンイメージング

 

コレコレ。D90 を購入して2年位はそのままストラップ使ってました。

基本は肩にかけて(たすき掛けではない)、落としそうになる時だけ首からかけて使用。

  • 良い点:無料
  • 悪い点:ちょっと生地が硬い。 長さ調整(変更)が大変。

 

 

2. アローストラップ

f:id:white-plum:20170419012555j:plainカメラ女子ブームなど、巷でも一眼レフやミラーレスカメラをよく見かけるようになり、一眼レフを持ち歩く事に気恥ずかしさが薄れたころ、アローストラップに変更。

 

選定理由はデザイン。ただし純正志向が捨てきれず、Nikon製から選定。

Nikon x PORTER コラボモデルを購入するつもりでいたのですが、どうしても PORTER ブランドに愛着が湧かなかったため、購入を見送りアローストラップに決定。

f:id:white-plum:20170419012524j:plain

たまたま購入できましたが、既に絶版となったモデルということで、ちょっとした優越感に浸ってました。

完全に自己満足で気持ち悪いですが、結構今でも好きです。このデザイン。

 

機能的メリットは特になく、強いて言うなら生地が非常に柔らかくなり、取り回しが良くなった事でしょうか。

  • 良い点:デザイン、生地の柔らかさ
  • 悪い点:長さ調整が大変

 

 

3. Peak Design "Slide Summit Edition Tallac"

f:id:white-plum:20170419021004j:plain

最後は今使ってるストラップ。変更しようと思ったきっかけは立山登山

夏の立山は極端な話、天候さえ良ければスニーカーで登頂可能な山です。

可能ですが、危険ですからなるべく登山靴でお願いします。

決してハードな山行ではありませんが、最終区間は結構な岩場となっているため、前述のアローストラップではカメラが自由に遊んで岩に当たらない様、かなり気を使いました。

そこで、下山後に真剣に機能面からストラップを再考しようとなった訳です。 

 

必要条件と十分条件

  1. 長さ調整が素早く簡単にできる(必要条件)
  2. 三脚(アルカスイスタイプ)のクイックシューと共存可能(必要条件)
  3. シャッターボタン側のストラップ環を使用しない事十分条件
  4. デザイン十分条件
  5. 価格(十分条件) 

選定ポイントとしては上記 5項目。1~3 項目の設定理由は

1、たすき掛けした状態で、カメラを体に密着させれば安定させることが可能となる。

2、運用している三脚と雲台から絶対に外せないポイント。

3、潜在的にストラップそのものに対して気になっていた、構える時にストラップが邪魔でスムーズにシャッターを押せない点を解消できればと思い十分条件に設定。

これら項目に着目して、いわゆる速写系ストラップからデザインと価格込みで比較。

注:価格は 2017/04/19 時点のAmazon 価格を表記

 

 

比較製品

  • Peak Design "Slide SL-2"
PeakDesign スライド SL-2

PeakDesign スライド SL-2

 

1長さ調整:◯、2三脚相性:◯、

3ストラップ取付位置:◯、4デザイン:△、5価格:△(¥6,899)

 

  • DIAGNL "ニンジャカメラストラップ"

1長さ調整:◯、2三脚相性:◯、

3ストラップ取付位置:△、4デザイン:◯、5価格:◯(¥4,780)

 

  • BLACKRAPID "スポーツスリム"
BLACKRAPID スポーツスリム RS-SPORT2 RRS-2BB

BLACKRAPID スポーツスリム RS-SPORT2 RRS-2BB

 

1長さ調整:◯、2三脚相性:X、

3ストラップ取付位置:◯、4デザイン:X、5価格:△(¥7,180)

 

  • CustomSLR "C-Loop & カメラプレート"  
CustomSLR M-PLATE PRO C-Loop用クイックリリース カメラプレート 26030

CustomSLR M-PLATE PRO C-Loop用クイックリリース カメラプレート 26030

 

1長さ調整:◯、2三脚相性:◯、

3ストラップ取付位置:◯、4デザイン:△、5価格:X(¥18,316)

 

 

選定理由 

項目別に見るとニンジャカメラストラップが若干優位で、C-Loopセットも悪くはなかったのですが、Peak Design の簡単に分離できる機構と拡張性が決め手となり、上記に挙げている "Slide SL-2" の別色バージョンとなる "Slide Summit Edition Tallac" を購入しました。

以上が、これまでのストラップ変遷と選定理由となります。

決め手となった分離機構の詳細や、使い勝手などのレビューは Part.2 へどうぞ。

 

 

関連記事

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

スポンサーリンク