white-plum

猫とかカメラとか猫とか

避妊手術後 猫の食事と性格の変化

スポンサーリンク

 

肝臓の数値が予想以上に悪化していた梅さんですが、

日々の生活は、お腹の毛も随分生えてきて元気にしています。

 

さてさて、タイトルにあるように今日は避妊/去勢術後の食事と性格に関してです。

 

食事

以前報告した様に避妊手術が終わってからというもの、

 猫が変わった様に良く食べる様になりました (・Д・)

二ヶ月も病院に行かなかったのは、食欲もあって健康そうだな。と思っていたってのもあります。

  

食べ続けて2ヶ月が経過したお姿がこちら。

なんかてっぷりしました? ( ゚д゚)

f:id:white-plum:20150505035136j:plain 

何よ。レディに向かって太ったとは失礼な。まだまだスリムよ。

 

ですよねー。でも、おっさん…あ、いえ、その…可愛いです。

 

体重:2300 g(2014/08/16) 

スリムなのは間違いないです。

小柄で心配していたので、食欲が増したのは本当に嬉しく思ってます。

 

食事内容詳細

2014/08/17(生後8ヶ月)現在

餌:ロイヤルカナン フィーメールケア

給餌量:40 g/day 

ロイヤルカナン 準療法食 猫 フィーメールケア 500g
 

血液検査前までは、1日2回(朝晩)に 20 g づつ給餌していましたが、

多量の食事は肝臓に負担がかかる可能性があるので、現在は1日3回にしています。

  • 朝(7時):15 g(+ベジタブルサポート)
  • 夕(18時):10 g
  • 夜(24時):15 g(+ベジタブルサポート)

 

 

性格

避妊/去勢手術後の猫の性格の変化として甘える様になる。と言われているみたいです。

猫は去勢手術をすると、大人に変化していくためのホルモンが出なくなります。その後ずっと、子猫のときのままの性格になることが多いです。特に1歳を迎えるまえに去勢施術を受けた場合は、飼い主を親だと思って甘えてくる傾向が強まります

pepy.jp

 

白梅に関しても確かに甘える様になったと感じる点はあります。

私達が寝ている間には、寝室に入れない様にしているのですが、

朝になるとドアの前で鳴いている事があります。

あとは、お腹を見せて寝転がる様になりました。

 

f:id:white-plum:20150517225828j:plain

暑いのよ。毛皮着てるんだから当然でしょ。誰が甘えてなんているもんですか。

朝は 早く餌よこしなさい。って言っているだけよ。

 

だそうです w

 

  • 変わった点

姿が見えないと鳴いてアピールする事がある。(もちろん発情の鳴き声ではない。)

私たちの後をついてくる様になった。

お腹を見せてくつろぐ様になった。

 

  • 変わらない点 

警戒心が強く臆病な所。(後ろ足一本は必ず残して様子見する w)

いつでも触れる訳ではない。基本的には逃げる。(もっとモフモフしたいのに。)

 

 

まとめ

  • 食事

避妊/去勢手術によって食欲に変化が現れることもあります。

あんなに小食だった白梅が餌を瞬く間に完食する様になりました。

ホルモンバランスの変化によるものかと。

肥満には細心の注意を。

 

なお、肥満に関しては下記が最も納得できました。

猫は去勢後、肥満になりやすい

猫に去勢手術を受けさせたあとに気をつけたいのは、運動と食事です。去勢後の猫は肥満になりやすいのです。生殖機能にかかわるストレスがなくなると活動量が減り、消費カロリーが減少するのが理由です。

pepy.jp

 

  • 性格

甘える様になったと書きましたが、性格そのものには変化は小さそうです。

理由としては、臆病さには変化がないことと、触ろうとすると基本的には逃げるので、

気まぐれさは変わってないと感じるからです。

 

ですので、避妊/去勢手術によって性格が変化したというよりは

  1. 私達との生活パターンを理解する様になった。(飯の時間とか)
  2. 私達の存在そのものに慣れた。(危害は少ないと判断して無防備になる)

と解釈しています。

 

性格の変化に関しては下記が最もしっくりきました。 

性格そのものは変わりませんが、性ホルモンに関係する行動が表れにくくなるので、行動のパターンが変わることはあります。

www.nisshin-pet.co.jp

 

今後 避妊/去勢手術を行う飼主の方へ

変化はありますが、基本的にその猫である事に変わりありません。

性格面は心配せずに、そのまま受け入れてあげることが良いのではないかと。

ただし、体に関しては確実に変わる部分があるので、餌などしっかりケアしていくことが

飼主として必要なスタンスではないかと思います。

 

 

関連記事

umekko.hatenablog.com

にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ

スポンサーリンク